任意整理のメリット&デメリット

任意整理のメリット

結論から言うと、任意整理は自己破産などに比べて社会的デメリットが少ない借金の整理方法です。 任意整理のメリットとしては、払いすぎた利息分をその貸金業者と取引し始めた時にまでさかのぼって計算しなおすことができます。 ですので、いつからいつまでの間と決まっているわけではなく、お金を借り始めた時から計算することができるので、その分払いすぎたお金が多く返ってきます。 その返ってきたお金で借金が減る可能性は多いにあります。 つまり現在も借金を返済中の人はその返ってくるお金の分、将来に渡っての利息が免除されるので、その分今後払わなくてはいけない金額が少なくなる=借金が減るということなんですね。

他にも任意整理には以下の様なメリットがあります。

  • 官報に名前が載らないので他人に知られることがない
  • 車や家などの資産は残すことができる
  • 複数の業者からお金を借りている場合でも、借金を整理する業者を選ぶことができる
  • 借金の取り立てをストップさせることができる

任意整理のデメリット

任意整理にはこんなデメリットもあります。

  • ブラックリストに登録され、向こう5年間はクレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなかったりする
  • 強制執行手続きを中断することができない
  • 交渉が決裂する場合がある
  • 利息を引いた分の借金は原則3年以内に返済しなければならない
    • まず、任意整理をするとブラックリストに登録されてしまうので、新規でクレジットカードを作ったりローンを組むことができなかったりします。ですがブラックリストは貸金業者間のみで閲覧されるものなので、家族や会社の人に見られたりすることはありません。 また、長い間支払いが滞ってしまうと貸金業者から給与差し押さえなどの強制執行をとられる場合があります。自己破産などの手続きをするとこの強制執行を法的に阻止することができるのですが、任意整理ではこれを止めることができません。 そして、任意整理はあくまでも裁判所を通さずに弁護士・司法書士に間に入ってもらって借金の整理を行う方法ですから、貸金業者と弁護士・司法書士との交渉が上手くいかなければ借金の整理をすることができません。 最後に、任意整理をして将来の利息を減額して残った借金は、原則3年以内に返済完了しなければなりません。 意外と払いすぎた利息分が発生しているのに、それを知らずにいつ返済し終わるのかわからない借金を払い続けている人は沢山います。 まずは自分の借金に過払い金が発生しているかいないかを計算してみてから、任意整理に踏み切るのかどうかを判断すべきです。 過払い金の計算は無料で行ってくれる弁護士・司法書士は以下の通りです。 一度相談してみるのもアリですね。