レイクは、最近では某有名アイドルグループをCMに起用するなどしてすごく若者が借りやすいイメージがありました。それに新生銀行という銀行がやっている消費者金融だし、比較的安全で問題もないだろうと思っていました。 なので、僕は割と気楽にレイクでお金を借り始めてしまいました。 そのうちに結構な額を借りて利息も発生し、返済に首が回らなくなってしまいました。 そんなときに過払いの可能性があることを知って、過払金返還請求に踏み切ろうと思いました。最近はテレビのCMでも法理事務所が過払金についてのCMをやっていることが多いので、それで過払金の問題について知りました。自分で稼ぐお金には限界があったので、お金を逆に返してもらえる可能性があるということは自分にとって本当に助けでした。 ネットでレイクについて調べると比較的対応がスムーズな企業だけれど、個人で請求すると5割?7割の和解案で利息分も無視されるということだったので、過払金返還の専門家である弁護士さんに頼むことにしました。また借金をしていることを両親には知られたくなかったので、弁護士さんに頼んだという部分もあります。弁護士さんはその辺のケアをしっかりしてくれました。 過払金返還請求をするときにはまず取引履歴をレイク側に送ってもらわなくてはいけないのですがそうした書面のやりとりもすべて弁護士事務所経由でやってもらうことができたので家族に一切知られることはありません。 僕は借金に困りできるだけ早く返還金を手に入れたいということを弁護士さんに伝えました。満額での返還にはレイクの場合、6,7ヶ月と半年以上かかる場合があると言われたので僕は多少和解額について妥協するので、早めにお金が欲しいと言いました。 弁護士さんにはレイク側と電話で交渉をしてもらい、和解金額は過払金の80%分を提示されました。僕は80%で和解をすることを決めました。 和解までにかかった期間は弁護士さんに依頼してから1ヶ月ほどだったので、レイク側もかなりスピーディに対応してくれたかなと思います。 ネットで調べるとレイクは和解が成立するまでには平均で1~3ヶ月ほどだということです。 僕の場合、過払金の返還も和解後3ヶ月後に行われました。 返還請求から返還までは全部で4ヶ月かかったということになります。これは他の会社と比べても割と早いと思います。消費者金融だと和解してからも1年かかる場合があるということでした。レイクの対応の速さは神聖銀行という銀行がやっていることも大きいのかなと思いました。