家族に知られずに債務整理する方法とは?

借金をしてしまい、首が回らない。借入れ先に過払金があるようだから、債務整理をしたいが、家族には借金をしていることさえ知られたくない。 債務整理をできる限り家族に知られないようにする方法とは?

前提としてお伝えしておきたいのは、完璧に家族に知られないようにするという方法はないということです。 ただほぼ確実に家族に知られない方法はあります。

家族に知られずに債務整理する方法は、弁護士や司法書士の専門家に依頼することです。

過払金返還請求を個人でしてしまうと、貸金業者からの取引履歴や裁判所からの書類もすべて自宅に届いてしまいます。しかし、弁護士や司法書士の専門家が代理人として入れば交渉窓口がそちらになります。 家族に知られたくない場合はまず、法律事務所に相談に行く際にその旨をしっかりと伝えましょう。 連絡を携帯電話やメール限定にしてもらえたり、書類の送付が気になる場合は書類を郵便書留にしてもらって指定した郵便局で受け取ったりすることが可能となります。また専門家からの郵送の際は茶封筒を使ってもらい誰にもわからないように配慮をしてもらうことができます。

しかし、先ほども前提として言わせていただきましたが、弁護士や司法書士が送達受取人となった場合には一部の書類が送達受取人ではなく、本人に届いてしまう場合もあるので完璧に知られないというのは難しいのです。 ただ安心していただきたいのは突然貸金業者や司法書士、弁護士、裁判所から連絡行くということは基本的に考えられません。 ですから、専門家に頼めばほぼ確実に家族に知られないように過払金返還請求をすることができるのです。

それでも借金は大きくなればなるほど、私たちを追い詰めるものです。専門家だけではなく家族とも借金があることを共有しておいたほうが自分のためにはよいでしょう。あとで知られた時に「なぜ教えてくれなかったのか」ということで揉めるケースもあります。家族のために、家族に心配をかけたくないという思いが逆に家族を混乱に巻き込んでしまうこともあるのです。

過払い金は貸金業者が不当に私たちに払わせているお金であって、私たちが本来借りたお金ではないということも改めて考えてみるのも良いかもしれません。 ただ、まず専門家に相談してみるということはとても大切なことなので過払金があると思った方は無料で相談ができるので一人で抱え込まないことがおすすめです。