過払い金請求・任意整理のメリットデメリットとは?

今回は過払い金返還請求と任意整理のそれぞれの長所と短所をご紹介したいと思います。 初めに過払い金返還請求のメリットです。

過払い金請求のメリット・デメリット

過払金返還請求のメリット

完済した過払金返還請求はまずブラックリストに載ることはないので、安心して返還請求をすることができます。また弁護士や司法書士の専門家に頼んだ場合、ほとんど周囲に知られることはありません。専門家が裁判所を通さずに貸金業者と交渉をしてくれるため、債務者側の負担も少なく済みます。そして何よりも過払金返還請求をすることで、払いすぎた利息が返ってくる可能性があるのです。

過払金返還請求のデメリット

過払い金返還請求をすると二度とその消費者金融からお金を借りることができなくなってしまうという可能性があります。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

過払い金返還請求のメリットと同じく、任意整理も裁判所を通さず専門家である弁護士、司法書士が貸金業者と交渉してくれるので債務者側の負担か少なくて済みます。 また専門家に頼めば周囲に知られることがないと共に、自己破産や個人再生のように官報に掲載されることもないので第三者に知られることがありません。

また自己破産や個人再生であると職業制限や資格制限がある上にすべての貸金業者を対象に手続きをしなければなりません。しかし任意整理であれば、保証人つきなど特定の貸金業者、消費者金融などを除いての手続きが可能です。

最大のメリットとしては専門家に依頼後、すぐに督促が止まるということです。これは債務者にとっては大きな安心です。 また重い金利負担となる将来利息もカットされるのです。 加えて過払金が発生していた場合には、臨時収入として受け取りができたり、借金が減額になります。

任意整理のデメリット

任意整理の大きな短所としてはブラックリストに載ってしまうということです。約5年間は信用情報機関に情報が登録され、新規借り入れ、カードの利用、ローンを組むことができなくなります。 また任意整理は裁判手続きである自己破産や個人再生とは異なり、借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではありません。あくまでも専門家を通して貸金業者側と話し合いを行い、利息制限法に基づいて過去に払いすぎた利息分を現在の借金と相殺し、借金を減額するという手続きなのです。 まれにかなり強気に出てくる消費者金融もおり、その場合は和解が成立しないというケースもあります。