エポスはマルイがやっているクレジットカードということもあり、買い物に行った際に気軽にこのカードをつくりました。 カードで自分のお金を引き出すかのようにお金を借りることができるため、私はいつの間にかかなりの額を借りていました。 私はエポスカードの前身であるマルイカードの時代から16年間このカードを使っていました。エポスカードは若い頃はよく使っていましたが、今ではそこまで使うこともなくなっていました。そんなときふとネットの記事を偶然読み、自分にも過払いの可能性があるのではないかと感じるようになりました。 エポスへの過払い請求は個人だと5割から7割の和解案、司法書士、弁護士などの専門家を通すと8割から10割に返還額が増えるとのことだったので私はこの案件を司法書士の方に頼むことにしました。 まず取引履歴を送ってもらうようエポス側に頼みました。エポスの取引履歴は他社と比べても分かりにくいものだそうなので、司法書士の方に頼んだことを改めて安心しました。 ただエポスはやはりマルイのグループということもあって、対応がすごく遅いなとか悪いなとかいうことを感じることはなく、対応はよかったのではないかと思います。 私の過払金を司法書士の方に取引履歴を元に出してもらったところ、約30万円ありました。私はこのようなみんなが知っているカードの会社でもこんなことが普通にあるのだということを実感して驚きました。30万円は大きな額です。 エポス側は最初のこちら側の請求には過払金の90%分の返還での和解を掲示してきました。30万円の90%なので27万円です。始めの和解額で90%を出してくれるのも他社と比べたら高い割合なのだそうです。でも司法書士の方が全額返金してもらえると言ってくれたので、そのまま交渉をお願いしました。 交渉をしていただき、結果として約30万円の全額を返還してもらうことができました。 また和解後2ヶ月後に返還されたので、その対応についても満足がいきました。 エポスカードを使っている方は多いので、一度ぜひ専門家の方に相談してみるといいかもしれません。個人だと取引履歴の見方がよくわからなかったりするので、エポスで借入れをして過払金が発生していた場合には専門家に頼むのが自分の経験から良い選択なのではないかと思います。