ブラックリストには載りたくない!

過払金返還請求や任意整理をする際に一番気になってしまうのはブラックリストに載ってしまうのではないかということではないでしょうか。

結論から言いますと大丈夫です。安心してください。過払金返還請求の場合はブラックリストに載ることはありません。 そもそもブラックリストと聞くとそういったリストが実際にあるかのように思われると思いますがありません。 ブラックリストというのはJICC(日本信用情報機構)などの信用情報機関に情報が登録されて、新規の借入れができなくなったり、クレジットカードが使えなったりすることを「ブラックリストに載る」と一般的にいうのです。

以前は過払金返還請求をすると信用情報に「契約見直し(コード71)」というものが登録され、それ以降の借入れが難しくなるということがありました。 しかし平成22年4月19日からこのコード71は廃止され、契約見直しの情報登録がなくなったのです。またこれによってすでに契約見直しが登録されてしまっていた人も情報が削除されました。 過払金請求によってブラックリストに載ることはなくなったのです。

例外的にブラックリストに載る場合もある、その債務整理方法とは?

1つ目のケースは完済していない状態で弁護士や司法書士の専門家に過払金返還請求をして、予想に反して過払いにはなっていなかったという場合です。 利息制限法による引き直し計算をした結果、債務は減少したものの、残債務が残ったというものです。このケースでは「債務整理(コード32)」という情報が約5年間信用情報機関に登録されてしまいます。

2つ目のケースは、同じく完済していない状態で司法書士に過払い請求の依頼をした場合、引き直し計算の結果過払いになっていたとしても、一時的に信用情報機関に「債務整理(コード32)」の登録がされてしまうというものです。専門家に依頼し、専門家の介入時に一時的に「債務整理(コード32)」の登録がされ、最終的に過払金返還の合意ができた段階で削除されるので、一時的にブラック状態になってしまうというケースです。

上記に当てはまっても、必ずしもブラックリスト入りする訳ではない

ただし、専門家の介入で必ず情報登録されてしまうということではなく、会社ごとに対応も違うのでそういった可能性があるということで覚えていてください。 完済後であれば、一切ブラックリストに載ることはありません。

また任意整理は裁判所を通すことなく、司法書士や弁護士の専門家と貸金業者が交渉をしてくれるので債務者側の負担が少なく、周囲にも知られることなく手続きすることができますが、5年程度はブラックリストに載ってしまうので、要検討するようにしてください。その間は借入れやカード利用、ローンを組むことができなくなります。